草津市長選が16日公示!現職「橋川渉」氏の無投票での4選が決定!

 

 

2020年2月16日(日)、草津市長選が告示されました。

立候補者は、無所属で現職の橋川渉氏(71)だけということで無投票での4選が決定しました。

 

橋川渉氏は福井市出身で、大学進学と同時に草津市に転居

1973年、京都大学卒業後、草津市役所に入所。

企画部長や政策推進部長などを務めたのち、2008年に行われた草津市長選挙に無所属で出馬し初当選。

その後は、2012年に無投票で2期目の当選。2016年に3期目の当選を果たしている。

 

公式HP

公式ブログ

 

  「ずっと²草津」宣言

草津の子育て・教育・福祉政策

子どもがいきいきと健やかに育ち、高齢期になっても、健幸で安心して暮らし続けられるまちづくりどこよりも安心して結婚から出産、子育てができ、子どもたちがいきいきと健やかに育つ教育環境が整い、安心して高齢期が迎えられる、暮らしやすく、ずっと住み続けたい「健幸都市」づくりを進めます。

ずっと2 活力
草津の産業・交通・地域・女性の活躍政策
活力と魅力にあふれるまちづくり
企業立地の促進、農業、地域産業の活性化、交通ネットワークの充実や市街地、周辺部それぞれの地域特性を生かした魅力あるまちづくりを進め、活気にあふれるまちづくりをめざします。市民のみなさまと行政との協働・協創を基本として、地域コミュニティの活性化と発展に取り組みます。女性も男性もその力を発揮できる環境づくりを通して、女性の活躍を促進します。
ずっと2 安全
草津の環境・防災・防犯政策
安全が実感でき、災害に強い環境都市づくり
地震、集中豪雨などへの防災体制の強化、生活環境など防犯対策、安全確保の強化を図ります。ごみの減量の更なる推進など「循環型社会」への取組みや「緑」を守り、育てる環境都市づくりを進めます。
ずっと2 透明
草津の市政・財政政策
不断の改革を進め、透明で効率的かつ健全な市政づくり
持続可能な未来のために必要な投資を実行しつつ、健全な財政運営のもと三現主義を徹底し、市民のみなさまの声を市政に反映する取り組みを徹底的に進めます。そして、不断の改革を進め、クリーンで透明、信頼できる健全な市政を進めます。不断の改革を進め、透明で効率的かつ健全な市政づくり

 

最新情報をチェックしよう!