JR南草津駅東口ロータリーへの自家用車乗り入れを禁止する実験が始まるそう。期間は10月19日から11月13日。

 

 

送迎の車で混み合い、路線バスの発着遅れが常態化していることから通勤通学時間帯にJR南草津駅東口ロータリーへの自家用車乗り入れを禁止する実験が始まります。

 

期間は2020年10月19日~11月13日までで、実験は平日の7時半~9時まで行われます。

この実験で交通量の変化などを調べ、混雑緩和に向けた方策を探るとのこと。

JR南草津駅東口

 

 

京都新聞さんによると、送迎の車で混み合うことによって「パナソニック草津工場」や「立命館大びわこ・くさつキャンパス(BKC)」などに向かうバスが大幅に遅れているという。

個人的には、東口は信号の状況が混み合っている原因の一つでもあると思います。歩行者が結構おられると右折するにも数台しか行けない時がありますからねー。

 

 

では期間中の送迎はどうするのか?

 

市は、「東口ではなく西口ロータリーの使用」を推奨しています。

ですので普段東口に送迎されている方も西口に回り込みましょう。

 

住まれている地域にもよりますが、ACT横の道路整備が終わって道が広くなったおかげで、かなり走りやすくなったのでこの道を通って西口に行くのが行きやすいかもしれませんね。

とはいえ、みんな考えることは一緒なので混み合うことが予想されますが..

 

この実験がどうなるのか南草民としては、注視したいところではあります。

「ACT草津」横を通る”市道野路矢橋線”の道路整備が終了!2020年2月13日から開通する!

最新情報をチェックしよう!